2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺とお前としまじろう

姪「しまちゃん見るー!」

わたし「…しまちゃん?」

姪「しまちゃんのテレビ見るのー!」

わたし「…しまちゃん?(しまちゃんて一体誰だ?島田伸介?イヤ待て2歳児にヘキサゴンはいくらなんでも早すぎる。まさか嶋大輔?男の勲章なわけが……はっ!ヤクシマオニクワガタとかそっちか!?)」

姪「しまちゃんこれー!(DVDを見せながら)」



しまじろうだった。



*******************************
ウチの姪っ子としまじろうを見てみた
*******************************


ということでですね。

お盆に帰省したときにウチの実家にて姪っ子と一緒にしまじろうを見てました。

ところで、『しましまとらのしまじろう』をご存知だろうか。

しまじろうはベネッセコーポレーションの幼児向け通信教育教材『こどもちゃれんじ』におけるキャラクターで、『こどもちゃれんじ』創刊(1988年)以来、子供には大変な人気を誇るわけですよ。我々の世代ですと幼少期にギリギリ見てないくらいの時代でして、わたしはよく知らんかったけれども。

ウチの姪っ子もご多分に漏れず『しまじろう』大好きなわけですが、めっちゃ笑顔で「しまちゃん大好き!」とか言われたら、近所に売ってるしまじろうグッズをこの子に買い与えるしかない!とか本気で思うわけですよ!(※姪っ子大好き)

とりあえずウチの姪っ子が一緒に見ようっていうならば、断る理由などどこにもない!あるはずがない!あっていいはずがない!この俺がしまじろうを見尽くして極めてくれるわ!俺がしまじろうだ!(<違います)


『はなちゃんとエコオロギ』←見たやつのタイトル


ちなみにわたし、しまじろうの知識に関しては、今でこそwikiったからちょっと知ってるようなものの、このときはおそらくコイツがしまじろうであろう、その他は知らん。というくらいのものでした。

調べて分かったのですが、しまじろうの中の人は南央美という方で、ナデシコのルリルリだったり、コードギアスのユーフェミアの人らしいです。まったく分からんかった。しまじろうが仲間のウサギや鳥に向かって「バカばっか」とか言うのだろうか。(<言いません)

アニメの内容は、しまじろうの妹のはなちゃんがリサイクル活動を行った際に、エコオロギというものが見えるようになって、しまじろうやお母さんにエコオロギの存在を熱く語るわけですが、リサイクル活動を行った子供にしか見えないという妖精的存在のエコオロギは誰にも見えず、はなちゃんは大癇癪。

しまじろうもはなちゃんの相手をするたびに謎の存在であるエコオロギについて語られ、自分には見えないもんだから、はなちゃんが若干サイコ扱いに。

最終的には、しまじろうもリサイクル活動をすることで見えるようになり、はなちゃんと和解。しまじろう的にはコイツやっぱサイコだったらどうしようかと。(※思ってません)

とりあえずアニメの内容としてはそんな内容だったんですけど、注目はそんなことではなく、しまじろうの母親こと『しまの さくら(cv.井上喜久子)』がですね


色気ハンパない


もうね。さすが永遠の17歳こと井上喜久子さん。色気ハンパない。ハンパねー!パねー!(<?)

だってね。見た目は完全によくわからんトラなわけですよ。なんとなく女っぽい格好してるから女のトラなのかな?とかそんなレベル。

それがね。井上さんが声当てるだけで、オニのよーに色気のかたまりになるんですよ。

この声で諭されたら決して逆らえん!いや逆らえっこない!逆らっていいはずがない!しかも設定が人妻というかトラ妻っていう!……トラ妻?

しかしながら井上さんはわたしの中でやっぱりベルダンディのイメージが強く、わたしの中ではすでにトラなのにベルダンディ。何を言ってるかわからねーと思うが(ry

トラなのにベルダンディなのか、ベルダンディみたいなトラなのか(<?)

それを確認するためには俺も『ちゃれんじ島』に行くしかない!とか思うわけですが、しまじろうのアニメを見て、しまのさくらの色気ハンパねー!とか、『ちゃれんじ島』に行くしかない!とか、トラのようなベルダンディ!(<?)とか言ってる奴って地球上のわたししかいないんじゃないかと!

いいですか?これがもし仮にですよ?

井上さんは確かに最高なんですけどね?

この『しまの さくら』の声が本名陽子さんだったらどうですか?どうなんですか?どうなってしまうんですかーーー!?(<落ち着いて!)

まーそんな感じで、アニメも終わって、しまじろうも結構面白かったなーとか思っていたら


姪「しまちゃん可愛かったね!」

とウチの姪っ子がスーパー笑顔で言ってくるわけですよ。


フー、やれやれ。

姪っ子よ。


しまちゃん可愛いとかいうレベルではなく、そんなことを言うお前の方が100倍可愛いわ!

分かるか!?いいや分かりはしない!分かりっこない!この俺が地球上の全てのしまじろうグッズを貴様にくれてやるわ!俺が!しまじろうだ!(<違います)


とか思いながら抱っこして全力で高い高いしようとしたら


姪「もう一回見るー!」

わたし「…なん…だと?」



まさかの2週目突入



オイオイオイオイ!よく考えろ!たった今見たばかりじゃねーか!落ち着け!お前は知らないかもしれないが、未熟なくせに霊丸(レイガン)を連発するとしばらく撃てなくなるっていう話があってな(<関係ありません)

ということでウチの姪っ子が飽きるまでしまじろうを見続け、結局3回見たっていう。さすがに内容覚えたわい。


しまじろうはいいアニメだと思うんですけど、このDVDには他にも色んなコーナーがありまして、ダンスとか、ことばとか、マナーぎょうぎえもんとかがあるんですけど、マナーぎょうぎえもんとか突っ込みどころ満載。

この人は正しいマナーを教えてくれる人なんですけど、ぎょうぎえもんさんの格好が殿様みたいな格好でして、それが日常生活にいるという謎。コイツは一体何者なのかと。

あと、ことばっていうコーナーは、言葉をリズムよく言うことで、子供の興味を育むものらしいんですけど、ことばのチョイスがどう考えてもおかしい。たとえば、


ろうにんが

ろくにん そろって

ろてんぶろ

(浪人が六人揃って露天風呂)


何があった?と聞きたくなるようなシチュエーション。どうしてこうなった?このシチュエーションで子供の興味が育めるというのか。いやある意味育めるだろうけど、製作者の狙いがわからん。

まぁ、そんな話はありますが、しまじろうのDVDはお子さんには楽しめる内容になっていると思いますので、お子さんがいらっしゃる方は興味があったらどうぞ、とオススメしてみる。

はっけん たいけん だいすき!しまじろう たのしい えんそく [DVD]

ウチのブログを見てくれる人が、しまじろうを見る客層とかぶることがあるのだろうかと思わなくもない。

トラックバック

http://sumeragir3.blog135.fc2.com/tb.php/7-aec71174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

日記 (29)
漫画レビュー (1)
ガンダム00 (1)
レイン (5)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。