2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインを読んでみた

レイン(amazon)をご存知だろうか。

レインとは元々ネットで書かれていた小説が本になったものらしいのだが、全然知らず、先日本屋で「売れてます!」というPOPを付けて平積みにされていたのでためしに1巻だけ読んでみた。

ちなみに結構前に出ていたようで、ハードカバー本とその後に文庫本としても出ていたらしく、わたしは文庫本の方をチョイス。

内容は剣と魔法が存在する中世欧風な雰囲気の世界で最強の男が姫を守って戦うという感じ。ザックリ書いた説明の割にはホントこれだけかもな、と思わなくもない。

文章的には非常に軽い印象だったので、なんとなくジャンル的にはラノベじゃね?と思わなくもないが、本屋的には普通の小説のSFコーナーにおいてあったので、そういうことなんだと思う。(<どういうこと?)

気軽に読めてかつ自分としてはかなり面白かったので、こりゃ久々にいい本を見つけた!と思いながらアマゾンレビューを見たら、わりとボロクソに書いてあったござるorz

ォォォオオオ!

貴様等にレインの一体何がわかるというのか!

いいや分かりはしない!分かりっこない!分かるはずがない!


よし!こうなったら俺が直々にレインのいいところを書いていく!


(以下、ネタバレにつき注意)


まず、最高なのが主人公の設定ですよ。

主人公のレインが世界最強すぎて、ライバルがいないため頻繁に戦争やら戦いが起きる世界においてまずピンチになりません。さらレインは美青年なだけでなく、特殊な体質で歳を取らない。(歳を取りにくい?)そしてもちろん超モテるので出てくる女性キャラクターがほぼ全員レインに惚れるという


なんだこの中学生が作ったような設定は。


いや待て!

いいじゃないか中二臭くたって!

大事なことはそんなところじゃない!

そんなことよりも大事なのは


絶対に負けないという安心感からくる安定した読み心地。


これだね。

我ながら書いてて意味がわからないが、この絶対にピンチにならないというのが非常に大事なのである。主に現在のわたしにとって。

日ごろ会議などで心を痛めているわたしとしては、小説などというのはゆったりとその世界に浸かって癒されるためのものなんですよ。冗談ではなく仕事においては胃に穴が空くほどのストレス三昧な日々を送るわたしにとって一番いらないのがピンチ。もうピンチなだけで見てらんない。

たまには海外ドラマでも見ようか、と思って以前24シリーズを今更だと思いながらも見てみたところ、もうピンチに継ぐピンチ!ノンストップピンチ!エターナルピンチすぎてファーストシーズンで精神が限界を向かえました。心がポッキリと折れたよ。ニーナは決して許さない。

ジャック・バウアーはマジで凄いと思いますが、あんなハラハラしてピンチによるストレスを感じながら何故にドラマを見なくてはいけないのか!ていうか俺は何でレインじゃなくて24の話をしているのか!


つまりですね。


レインはSF小説界における「よつばと」なのです。もうホントに何を言ってるのかわからねーと思うけどそういうことなんだよ!

「よつばと」を読んだときに味わうようなあの安心に満ちた気分を得られ、かつ、バトルあり恋愛あり、もう何でもアリだな。

さすがのアマゾンレビュワーの中にもレインはよつばと!って書いてる人はいませんでしたが、そんなレインだからこそわたしは大事に読んでいきたいと思いますね。

ストーリーは王道だと思うので、わたしの説明でちょっとでも読みたいと思った人は読んでみるといいよ!そして全然よつばとじゃない!って思えばいいよ!

トラックバック

http://sumeragir3.blog135.fc2.com/tb.php/33-9e7fc3de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

日記 (29)
漫画レビュー (1)
ガンダム00 (1)
レイン (5)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。